特許出願・発明権利化の推進

特許出願・発明権利化の推進

機械学習のアルゴリズムは、他分野のアルゴリズムより複雑・難解であることが多く、非専門の代理人では発明把握の段階から問題が生じる場合が少なくありません。弊社は、研究者と同じ目線で議論できる専門の代理人が、貴社技術の権利化を推進します。

このサービスでは、下記のような状況を想定しています。
※弊社代表の藤田が弁理士として、提携する特許事務所と共同で法律手続きを代理します。

  • 機械学習の関連技術に係る発明が、特許出願の重要な部分を占めている
  • 研究者と同じ目線で技術的議論を深め、出願の質を高められる専門の代理人が必要である
  • 単なる「権利」ではなく、「財産」として長く活用できる形で権利化を進めたい

LISIは、上記課題の解決に向けて、万全の案件管理体制と豊富な代理実績を持つ特許事務所と連携した、高度な権利化サービスを提供しています。

知的財産部門の担当者向け
機械学習を専門のバックグラウンドに持つ弁理士が、複雑なアルゴリズムの本質を理解して内容を掘り下げることで、強い権利取得をサポートします